ゼロがみえる通貨FX投資法

「スワップ複利投資法」 FXの取引成績をまとめていきます。取引通貨 ゼロが見える通貨 ZAR/JPY(ランド円)

新ルール

●概略

 

大前提

      また、当初ルール を 以下のように改変 ← 参照

 

 

「恩玉」(コストゼロの玉)でSW(スワップポイント)を獲得する仕組みを作る。

決済利益+未決済SW=「恩玉」の買建資金 とする。

「恩玉」は、利益分で買建するので、コストは0円。

 

●トレード玉

資金=預託証拠金 100,000円 でスタート。

増資 毎月初 10,000 円 増資

 

(預託証拠金+未決済SW)=トレード玉資金  の 1/10 通貨を

「第1次 最大保有可能建玉数」とする。

 

毎朝、前日分取引終了前(ロールオーバー前)に、上記の「最大保有可能建玉数」の

1/10 通貨づつを、分割買建てする。

 <10 日間分(2 週間分)に、価格的、機会的分割を図る。>

 

利幅は、最初の1 枚( 1/10 通貨) を、

2016年のバックデータ「1日当たりの値動きの平均」16 pipsを参考に、

利幅を、当面 10 pips とする。

2枚目以降は、

保有建玉の直近上値価格を決済価格とする。(最低利幅 10 pips確保)

「第1次 最大保有可能建玉数」を超過した場合は、

証拠金維持率を注視しながら、慎重に建玉を管理する。

 

● 恩玉

毎朝のオールオーバー前の 預託証拠金+未決済SW=恩玉資金を計算

恩玉資金/(通貨価格の円の位+1 円) の計算により恩玉を買建する。

保有恩玉は、トレード玉に変換する。

 

ロールオーバー後、再計算し、確定恩玉数を買建する。

ロールオーバー前の保有恩玉をトレード玉に変換する。

 

 

通貨価格 1ランド=8.8 円ならば、8 円+1 円=9 円

恩玉資金/9 円 で計算。

 

この 9円/通貨 は、恩玉 1通貨当たりの資金。

(仮に、1ランド=0円 に限りなく近づいても保有継続できる資金量。)

 

「恩玉」は、コストゼロでSWを獲得することが目的であるため、

保有し続けるための買建玉ではあるが、

急騰などにより著しく利益が確保できる場合は一時決済する。

100pips 以上 の差益が出たら、決済とする。

当面は 1ランド円=11 円で決済とする。

 

<命名> ゼロがみえる通貨FX投資法

            「スワップ複利投資法」